NPO法人日本ヨーガ療法士協会岡山・四国のホームページです
シニア・ヨーガ会員専用ページ

認定ヨーガ教師、認定ヨーガ療法士、認定療法士(ヨーガ)の派遣

 当NPO法人日本ヨーガ療法士協会岡山・四国では、下記の認定ヨーガ教師、認定ヨーガ療法士、認定療法士(ヨーガ)の派遣を行っております。
 認定ヨーガ療法士の持つ各種の手法には、現代のストレス負荷のかかりやすい社会環境の中で、統合医療のみならず、介護、介護予防、教育、企業における組織の生産性向上、社員の精神衛生管理・能力開発等、安価にしかも有用な効果が期待されます。
  お問い合わせにつきましては、問い合わせのフォームをご利用下さい。

ヨーガ教師、ヨーガ療法士、統合医療療法士について

ヨーガ・インストラクター(VYASA、インド中央政府公認)

 インド中央政府が公認するヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(VYASA)のヨーガ・インストラクター養成講座(YIC)を約1〜2年間の学習の後、試験に合格した者です。

ヨーガ・セラピスト(VYASA、インド中央政府公認)

 インド中央政府が公認するVYASAのヨーガ・インストラクター養成講座(YIC)を終了し、VYASAのヨーガ・セラピスト養成講座(YTIC)を2〜3年間の学習の後、試験に合格した者です。

認定ヨーガ教師

 ヨーガ・インストラクター(VYASA)の修了書を有していること、そして、一般社団法人 日本ヨーガ療法学会(Japan Yoga Therapy Society, JYTS)の認定を受けた者です。尚、一定期間にJYTSの所定の研修を必要単位受けていることが、認定継続の条件になっている。

認定ヨーガ療法士

 ヨーガ・セラピスト養成講座(YTIC)の修了書を有していること、そしてJYTSの認定を受けた者です。
尚、認定ヨーガ療法士は、一定期間にJYTS及び関係諸学会への発表や所定の研修を受講し必要単位を取得することが義務づけられており認定継続の条件となっている。
 認定ヨーガ療法士は、ヨーガ・セラピスト(VYASA)であっても、所定の研修や研究を怠った者には、認定の更新は行っていない。

認定療法士(ヨーガ)

 日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士で、一般社団法人 日本統合医療学会(IMJ)の所定の研修を受講し認定試験に合格した者です。一定期間にIMJの所定の研修単位を取得することが認定継続の条件になっている。
 認定療法士(ヨーガ)は、近代西洋医学や各種の伝統医学、相補・代替医療の知識を持ったヨーガ療法の専門家であります。